紅白幕の取り扱い方法
  • 基本的に水濡れは避けてください。色落ちの原因になります。万が一濡れた場合にはよく乾かしてからしまってください。濡れたまま保管されますと色移り、カビやしみなどの原因になります。
  • プリント紅白幕は本仕立て紅白幕よりも耐候性がありますので、多少の水濡れ、日焼けなどでの問題は少ないですが、屋外で使用した場合は、よくほこりなどを払って、手入れをしてからしまってください。
  • 陽に当たる所に長時間置くと焼けて変色しますので必ず暗所に保管してください。
  • たたむときはなるべくしわのない様によく伸ばしてたたんでください。次に使用する際にたたみじわを少なくすることができます。
    紅白の柄の境目で折るのがコツです。
  • 洗濯は極力避けたほうが色落ちなどのトラブルがないですが、どうしても洗う必要がある場合には様子を見ながら手洗いされるか汚れた部分だけ軽く汚れを流してください。小さな汚れは消しゴムなどで取れる場合もあります。洗濯機で洗うと色落ちのトラブルになりますので、洗濯機は使わないようにしてください。クリーニングをする場合には、事前にクリーニング店とよくご相談ください。大きな紅白幕の場合、クリーニング費用もかかるので、新調された方がかえって安い場合もあります。